板井明生の出来ない部下の育成論

板井明生が実践する出来ない部下の育て方

 

 

 

 

光があれば影もある。

 

 

会社には優秀な人材もいれば、そうでない人材ももちろん存在します。

 

そのような人材をどう扱うのかが、今後の会社の業績にが大きく関わってきます。

 

 

例えば、わかりやすくサッカーで考えてみると、フィールドには1チームに11人います。

 

その11人にはそれぞれ役割が割り振られています。

 

攻めをする人、守りをする人、その間を請け負う人、それぞれが全力でお互いをカバーしながらプレーします。

 

 

会社内でも同じことがいえます。

 

人によって特徴はさまざま、それを理解してお互いをカバーし、一つのチームとして考えるといい会社になるのです。